Vue.js

Vue.js

Vue.js v-forディレクトリを使う場合はkey属性を設定

対応関係を明記しておかないと、要素削除などを行うとバグる可能性あり また、templateタグにはkey属性を付与できない